妊娠中に起こりやすい栄養の偏りとは?栄養サプリメントや食事で上手に栄養管理する方法



妊娠中は何かと不調を訴える妊婦さんも多いのですが、体調が思わしくない時期であってもしっかり意識するべきは「栄養のバランス」です。
妊娠中毒症や妊娠高血圧などの病気を予防するためにも肥満は避けるべき!と妊娠中もダイエットに励むのはよくありません。
妊娠中に起こりやすい栄養の偏り

まだママのお腹にいる赤ちゃんは、ママが口にする食事のみが頼みの綱です。
辛い時期もあるかもしれない妊娠中には、自分が楽をしながら続けられる食事法を活用するのが一番。
そんなママに知って欲しい妊娠中の栄養素についてご紹介します。

体重増加よりも意識したい大切なこと

妊娠中は、妊婦健診に行くたびに赤ちゃんの元気な姿を目にすることができ、ワクワクするものですよね。

エコーに映る愛おしい我が子がお腹の中で指しゃぶりしている様子や前回とは違う体勢で眠っている様子など、まだ直接触れあうことはできないからこそわずかな変化がとてもうれしくなるママも多いことでしょう。

しかし、妊娠中だからといって自分の体が醜く変化するのは許せない!そんなママの多くは妊娠中であっても極端なダイエットをしてしまうという問題が最近増えていることをご存知でしょうか?

妊娠中に太りすぎるのも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなってしまいますので危険ではあるのですが、ダイエットにより栄養の偏りが多く見られてもよくありません。

妊娠中は赤ちゃんの成長が最も大切なのです。赤ちゃんにとっての健康的な体を作り、スクスクと成長させるためにも、妊娠中はしっかりと必要な栄養素が補える食事を心がけるべきなのです。

妊婦と言えば「葉酸」が特に有名ですが、妊娠初期から積極的に摂取したい栄養素です。

葉酸
葉酸には脳や神経の発育を促す働きがあり、不足することで先天異常や神経管閉鎖障害といった症状を起こす危険があります。
妊娠中時にはそれまでの2倍となる400μgの摂取が必須となります。

鉄分
さらには鉄分も貧血予防のために妊娠前よりも1.7倍分は摂取が必要です。
妊婦に多い貧血の原因は胎児に鉄分が取られてしまうためです。

鉄分不足の状態が長く続けばママの体内で運ばれる酸素が不足しやすく、めまいやだるさ、動悸といった症状と同時に赤ちゃんへの栄養も運ばれる量が減少してしまいますので、成長そのものにまで影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。
カルシウム
その他にも妊娠前よりも1.5倍は摂取が必要なカルシウムには骨を作る働きがあるため、重要です。

妊娠中にこの栄養素が不足してしまうとママの骨から溶け出し補給されることとなりますので、将来骨粗しょう症の原因となる可能性もあります。

骨や皮膚の発育に欠かせない亜鉛や脳の発達に欠かせない「DHA」や妊娠中毒症予防になる「ビタミンB6」なども毎日の食事でしっかり補給したいものです。

妊娠中に多い栄養の偏り

妊娠中に栄養の偏りが起こりやすい理由はいくつかのパターンが考えられます。

ケースつわりがひどくまともに食事が取れない
つわりは人により症状もバラバラですし、継続する期間も判断することはできないため、まずは食べられるものを無理せずという方法が一般的です。

そのため、つわりの期間が長く続くママほど、極端な単品ダイエットをしているかのような栄養不足を起こしやすいといえます。

ケース同じつわりでも食べづわりを起こしてしまう
食べづわりも人により食べられるものが異なり、何でもいいから口にしていればいいというママもいれば、これ!といった限定したものだけを食べ続けることでつわりの症状が軽くなるママなど様々です。

こちらも栄養を意識して食事を取るというよりも、つわりを軽くするために食べるという内容になるため栄養の偏りを起こしやすいといえるのです。

ケース妊娠中だからといって好きな食べ物を好きなだけ食べる
こちらも栄養バランスを意識しない限りは偏りを起こしやすいといえます。

どちらのパターンにおいても食べる量だけでなく、内容をしっかりと管理できることが栄養バランスを整えることにつながります。

栄養の偏りを簡単に解消する方法

妊娠中に栄養の偏りを起こさせないためには、基本的に食事は手作りの方が調整しやすいです。手作りといっても、気負う必要はまったくありません。

「ごはん、汁物、メインディッシュに副菜を2品」これを意識しながら自分の好きな食事を用意するだけで十分です。

ごはんにはかみごたえのある雑穀や発芽玄米を使用し、汁物はインスタントの味噌汁にわかめや麩を入れるだけでも色々な食材を摂取することができます。

またメインディッシュは魚もしくは肉を焼くだけでも十分ですし、副菜としては複数の野菜をまぜた生のサラダにスーパーやコンビニのお惣菜をプラスするだけでも栄養豊富な食事を味わうことができます。

この組み合わせでメニューを考える場合、外食でも偏りなく栄養バランスを整えることができます。ただしどんぶり物や単品メニューはおすすめできませんので、併せて副菜や汁物をプラスするといった工夫をしてみてください。

妊娠中の不調に悩むなら栄養サプリメントの活用を

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

 
妊娠初期の頃からつわりがひどく、栄養の偏りが気になるというママは、一人で罪悪感を抱え込まないためにも手っ取り早く栄養サプリメントを活用しましょう。

栄養サプリメントを妊娠中に摂取しても問題ないの?と心配するママもいるかもしれませんが、妊婦さんでも安心の国産品を選べば安心です。

自分の意思とはまったく関係なく体調に変化が起こりやすい妊娠中だからこそ、ママ自身に負担のない方法で栄養の偏りを予防しつつ、辛いときでもしっかりと赤ちゃんの栄養不足を予防するために栄養サプリメントを活用して、妊娠中の大切な時間を満喫してください。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 妊娠中に起こりやすい栄養の偏りとは?栄養サプリメントや食事で上手に栄養管理する方法