妊活中はマカナのサプリメントでバランス良く栄養やビタミンを摂取



妊活サプリ【makana(マカナ)】

元気な子供が欲しい。
そう願って妊活を始めた時、一番に気になるのは毎日の食事の事ではないでしょうか。

毎日出来るだけバランス良く食事を取る事を心掛けていても、食事だけでは大切な栄養素を全て満たす事は難しいので、妊活中はやはりサプリメントで補う事も必要になってきます。

また妊活中は葉素をしっかり取るという事は少しずつ知られるようになりましたが、妊娠しやすい体を作る為に他にも取りたい成分があります。
葉酸以外の成分が妊活にどのような効果をもたらすか、なぜ摂取すると良いのか、まとめてみたいと思います。

妊活しやすい体に導く

妊活で目指すのは、元気な赤ちゃんを授かるという事と妊娠しやすい体を作るという事です。

元気な赤ちゃんを授かる為には葉酸が不可欠です。
ではもう1つのポイント妊娠しやすい体とは?どんな点を改善していくと妊娠しやすい体になれるのでしょう。

妊娠しやすい体になるには「体の冷え」「栄養不足」「ストレス」「不眠」このようなポイントを改善していく必要があります。
これは女性のもつ生理周期を正しく整えていく為に大切な事です。
生理周期を正しく整え、卵巣の機能を高め、生み出す卵子の質を高めていく事が妊活のポイントです。

妊活中に欠かせない成分

 

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 
マカナに含まれている妊娠しやすい体を作る為に必要な作る為に取りたい成分にはどのようなものがあるでしょう。

マカに含まれる成分
栄養ドリンクや精力剤に使われるほど栄養素が豊富なパワーフードとして知られている「マカ」。
マカはアルギニンというアミノ酸が豊富で、ホルモンバランスの調整に効果を発揮します。

そのため女性のもつ生理周期をサポートしてくれる効果も期待できます。
また、免疫力を高める効果や、血行を促進する効果もあります。
このアルギニンはお酢やビタミンB6と一緒に摂取すると効率よく摂取出きることが知られています。

冷え対策に効果的な成分
女性は月経があることで体が冷えやすい性質を持っています。
卵巣や子宮は特に血液が滞りやすい臓器です。
卵巣や子宮の機能を高めるためにも体を温める必要があります。

また体温が低いと体温を調整している自律神経も乱れやすくなってしまいます。
冷えを改善していく事が妊娠しやすい体に近付きます。
冷えを改善する為に「金時しょうが」や「スピルリナ」に含まれる体を温める成分はとても有効です。

ストレスを溜めにくくする成分
妊活中はとにかくストレスが溜まります。
子供が欲しいのになかなか授からなかったり、旦那様や回りの理解不足や、病院通いなどで感じるストレス、そんな事が続くとやはりイライラもしてしまいます。
そんな、ストレスが溜まりやすい時期におすすめなのが「GABA」です。

GABAは脳や脊髄に多く含まれているアミノ酸の一種で血圧を下げたり、中性脂肪を抑制したり、リラックス効果もあり、さらに安眠効果もあります。
しかしこのGABAはストレスで大量に消費されやすい性質を持っています。
定期的に摂取する事でストレスに強い体を保てます。

妊活だけではなく美容にも効果があるルイボスティー
体を整えたり、活性化させる効果やリフレッシュしたいときにも効果的なルイボスティーには鉄分をはじめカルシウムや各種ミネラルも含まれています。
ノンカフェインで赤ちゃんにも安心です。このルイボスティーが粉末状になりたっぷりと配合されています。

元気な赤ちゃんを授かる為に取りたい成分

  
元気な赤ちゃんを授かりたい、女性ならやはり強く願う事ではないでしょうか。そのために大切な栄養成分にはどのようなものがあるのでしょう。

葉酸
葉もの野菜から始めて発見されたので「葉酸」と名付けられた栄養素でビタミンB群の一種です。葉酸には核酸を合成したり、細胞分裂を促したり、造血にも必要な成分です。

卵子や精子を作る際、正常な核酸は遺伝子情報を正しく書き換え健康な精子や卵子を作り出すためにも活躍し、授精の確率を高め、着床も助けます。
妊娠中の貧血予防にも効果を発揮します。

また胎児の成長はにも欠かせません。
妊娠初期の4~5週辺りには脳や脊髄が作られます。
また胎児の成長は早く細胞は活発に分裂します。

正常な細胞分裂のためにも葉酸は欠かすことが出来ない成分です。不足してしまうと神経管閉鎖障害や無脳症などのリスクが高まってしまいます。

この葉酸は水溶性ビタミンなので、100%天然の葉酸は体内の吸収率が落ちるという欠点があります。

そのため厚生労働省は葉酸サプリなどでの摂取を推奨しているという経緯があります。
厚生労働省は妊娠の可能性がある女性に1日に400㎍摂取するように呼び掛けています。

DHA・EPA
赤ちゃんの脳の発達を助け、運動発達や行動情緒の成長を助けるDHA・EPA。
脳や神経、網膜などの成長には欠かすことができません。
このDHA・EPAは不飽和脂肪酸は体内では作り出す事が出来ないので、きちんと摂取する必要があります。

胎児の成長は早いのでいつ妊娠しても良いように妊娠する前からしっかりと摂るように心掛けましょう。
DHAは通常1.6g妊娠中1.8g必要といわれており、EPAと合わせて1日に3gまでの摂取を心掛けましょう。

その他の妊活中はに欠かせない栄養成分

  
鉄分
女性の場合、月経により貧血になりやすく鉄分も不足しがちになります。鉄分は1日に10.5~11.0mg必要です。

亜鉛
優れた抗酸化作用がある亜鉛は卵子の老化を防ぎ、生み出す卵子の質を高めます。
さらにホルモンバランスを整える作用があるので、女性ホルモンのバランスを取り生理周期を正常に導いてくれる作用もあります。

葉酸の働きをサポートする成分
ビタミンB6やビタミンB12、ビタミンCには葉酸の働きをサポートする効果があります。

またビタミンCには強い抗酸化作用があるので子宮内膜の質を高めたり卵子の老化を防ぎ、卵子の質も高めてくれます。
さらに亜鉛の吸収も助けてくれる効果もあります。

子宝ビタミンと異名をもつビタミンE
ビタミンEは黄体ホルモンの原料になり、子宮内膜を厚く育ててくれる効果があります。

ビタミンEにも強い抗酸化作用があり、子宮内膜の質を高めたり卵子の老化を防ぎ、卵子の質も高めてくれます。
アーモンドやナッツ類、オリーブオイルやうなぎなどにも多く含まれています。

その他
50種類以上の豊富な栄養成分を妊活を知り尽くした管理栄養士がバランス良く配合し、野菜などは「22種類」も配合し、体のバランスを整えます。
12種類もの成分です厚生労働省の定める基準値をクリアした「栄養機能食品」です。

少し残念、加えて欲しかった栄養成分

  
多すぎてもダメ、少なすぎてもダメと成分の配合にもこだわりぬいた「マカナ」ですが欲をいえば1つだけ残念なところがありました。

ビタミンDが含まれていない
バランス良く栄養成分が含まれているマカナですが、唯一残念と思うポイントがありました。
それは卵子の質を高めたり、卵子の数を増や効果があるビタミンDが含まれていないという点です。

ビタミンDにはカルシウムの吸収を高めたり、細胞の成熟を助ける効果もあります。また卵胞液のビタミンDの濃度が高いと妊娠率が上がるという効果が報告されています。

キノコ類や魚類に多く含まれていて日光浴などでも作り出す事が出来ます。
週に2.3回1日5~30分の日光浴で不足する事はありませんが、紫外線対策で日に当たらないという人はメラニン色素のない手のひらを日にかざす事でも効果があるので、実行してみてはいかがでしょう。

本当にビタミンD以外はパーフェクト。
健康な体の為にもそして妊活の効果にもマカナはおすすめのサプリメントです。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 妊活中はマカナのサプリメントでバランス良く栄養やビタミンを摂取