妊娠中から授乳期までに不足しがちな必要栄養素とは?食事はバランスよく!


妊活中、妊娠中でも大丈夫。ママの為子供の為のサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

 

妊娠、出産は女性にとって未知の体験ですよね。
先輩ママからいろんな話を聞くと、なんだか怖じ気づいてしまいそうですが、
最初は誰でもわからないことだらけです。

妊娠中から産後の授乳期までの間には、つわりや貧血などのマイナートラブルもありますが、食生活を少し気を付けるだけで、緩和できます。

必要な栄養素って何のこと?


妊娠が分かった時点から、ママの体には変化が訪れます。

つわりで何も食べられなくなってしまったり、食べづわりで制御が効かなくなったりと、自分ではコントロールできず落ち込むこともあるかもしれません。

周囲に八つ当たりしてしまっても、自分を責めずに、今だけだと割りきりましょう。

妊娠初期は、赤ちゃんの器官形成の大事な時期なので、葉酸がとくに大切です。
葉酸は主にブロッコリーやほうれん草、 枝豆などに含まれています。

キウイやいちごにも豊富なので、間食でスナック菓子やチョコレートばかり食べているママは、フルーツに変えてみてはどうでしょうか?

鉄分も忘れてはいけない大事な栄養素です。
妊娠中は、胎盤を通して赤ちゃんに栄養を送るため、ママの血液が増加します。
その時に血液濃度が低くなり、貧血を起こしてしまいます。

妊婦検診でも定期的に検査が行われ、基準値より低い場合には、鉄剤が処方されます。
鉄剤は胃に負担がかかることから、胃薬を処方されるパターンが多いです。
なるべく食事から鉄分を摂取しましょう。

鉄分は、ヘム鉄と非ヘム鉄に分類されます。
ヘム鉄は肉や魚などの動物性タンパク質に多く、体に吸収されやすいです。
レバーや牡蠣が望ましいですが、苦手なママは、牛肉の赤身でも大丈夫です。

非ヘム鉄は、小松菜やほうれん草などの葉もの野菜や、海藻に多く、単体での吸収率が低いです。

しらすや豆腐などのタンパク質や、ピーマンやレモンなどのビタミンCと一緒に摂取すると、効果を発揮します。

他にも、骨粗しょう症予防になるカルシウムや、皮膚や髪の毛の栄養を守るタンパク質など、ママに必要な栄養素はたくさんあります。

タンパク質は摂りすぎても良くないので、なるべく脂身の少ないものや、肉より魚を選ぶようにしたいですね。
完璧にしようとすると疲れるので、たまにはママの食べたいものも我慢せず食べて、リフレッシュしましょう。

授乳期も食事には気をつけて!


産後すぐにやってくるのが、授乳の時間です。

入院中は、病院でバランスの良い食事を食べられるので安心ですが、帰宅してからが問題です。
里帰りをしないママだと、赤ちゃんのお世話に家事まで一人でこなすのは大変です。

昼間赤ちゃんと二人だと、ついついカップラーメンや冷凍食品などに手を伸ばしそうですが、要注意です!
授乳中はママの母乳が赤ちゃんの栄養になるので、妊娠中以上に気を付けなければいけません。

揚げ物や生クリームたっぷりのスイーツなどを食べていると、乳腺炎を引き起こすこともあります。
高熱で苦しんでも、赤ちゃんのお世話はしなければいけない。

そんな状況にならないために、少し工夫してみましょう。

献立を考えるときは時短ベースで具だくさんに!

出産前の時と同じように料理を頑張ろうとしたら、疲れてしまいます。
効率をよくするために、まずノートに自分のレパートリーを書き出してみます。
多すぎても読み返すのが疲れるので、2、3ページぐらいに留めておきましょう。

その中から、簡単なメニューだけをピックアップします。
それをローテーションにしてしまえば、献立に悩む必要もなくなります。
おかずをたくさん作らなくても、味噌汁に野菜をたくさん入れて豚汁風にアレンジしたり、お鍋で必要な栄養素を一気に摂ることもできます。

あんかけやきそばの具材を増やしたり、炊き込みご飯を豪華にすると、満足感もあります。
上手に手を抜きつつ、バランスの良い食事が作れたら、離乳食にも応用できて一石二鳥ですね。
 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 妊娠中から授乳期までに不足しがちな必要栄養素とは?食事はバランスよく!