産後のお腹に!引き締めガードルはいつから?オススメのガードルの選び方 


ea56f8b48b8e7cdd0f160e2df61e3a5a_s

妊娠中の女性は赤ちゃんが大きくなるにつれて骨盤が少しずつ開き、出産時に最大となります。
出産後は徐々に開いた骨盤が元に戻るものですが、体質によっては戻りにくい人もいます。
産んだのにまだ赤ちゃんがいるみたいなぽっこりお腹のママは、骨盤が開きっぱなしになっているせいかもしれません。

icon-magic 苦しくないから24時間使える産後用トピナガードル
このような骨盤の開きには産後ガードルの着用がオススメです。
しかし選び方を間違えると逆効果だったり、体調を崩してしまうこともあります。
産後ガードルの正しい選び方を知って、ぽっこりお腹を解消しましょう!

骨盤が開いているとどうしてお腹が出るの?

378774d9283b1cf95513b8b5fdd66f2f_s妊娠中は運動や筋トレなどはあまりできないですよね。
その影響でお腹の筋肉が減り、脂肪が付いてしまうのも産後のお腹が出てしまうことの原因の1つではあります。

さらに骨盤が開くことによって、本来もっと上にあるはずの内蔵が下に下りてきてしまいます。
妊娠中は赤ちゃんがいたので内蔵が下りてくることはなかったのですが、赤ちゃんが外に出たスペースに内蔵が入ってくることでお腹が出てしまうんですね。
これを解消するためには適度な筋トレと、骨盤ガードルの力を借りて骨盤の位置を元に戻すことが必要になってきます。

キツすぎるガードルはダメ、体調と相談しながら

ガードルと言えばガチガチにキツくするイメージですよね。
キツくないガードルは物足りないと言う方もいるかもしれませんが、キツすぎるガードルは骨盤を歪ませてしまうことがあります。

d4537c0f3dc4cf2a2f3ad4978c281c41_sまた、キツいガードルをずっと着けていると血行を悪化させることになり冷え性や体調不良の原因になることがあります。
適度な締め心地で気持ち良いと感じる程度がオススメです。

産後ガードルを着ける時期は悪露が収まってくる産後6週目以降です。
それより前は体力が戻りきっていなかったり、子宮の大きさが戻っていないため締め付けない方が良いとされています。
6週を越えても腰痛やお腹の痛みがあったり悪露が続く場合は医師に相談してからにしてください。

ガードルの素材や大きさにも注目

産後ガードルは骨盤を引き締めることが目的なので1日中着けることになります。
汗を通さない素材だと蒸れてかぶれる原因になってしまいます。
ガードルの素材が汗を通しやすく、なおかつ身体を冷やさないようになっているとダイエット効果もあって良いですね。
着用感を口コミでチェックして1日着けていても不快感がないものを選びましょう。

骨盤が締まることを考えて少し小さめのガードルを選ぶようにしたいですが、小さすぎても締め付けがキツくなりすぎます。
インターネットで購入する場合にはしっかりと計測して自分に合ったサイズのガードルを選ぶことがぽっこりお腹解消の近道になります。

開いた骨盤をそのままにしておくと、お腹が出るだけではなく腰痛や姿勢の悪化にも繋がってしまいます。
自分に合ったずっと着けていられる産後ガードルを選ぶことで、骨盤の位置をきっちりと戻しキレイで元気なママになりましょう!

産後ガードルの効果とその使用時期について

産後ガードルは出産で広がった骨盤を整え、たるんだお腹に筋肉をつけて引き締めるサポートをしてくれます。
またお尻やふとももをシェイプアップしてくれ、なかなか体型が戻らずに出産前の服がきついという時には体型を補正して服が着やすくするという使用方法もできます。

産後ガードルは早い人では産後2週間で使用する方もいますが、子宮の状態によっては産後2ヶ月からという方も大勢いるので、体調を見ながら着用の開始を始めましょう。

401304産後ガードルは体を締め付けるものなのできつすぎないようにし、一日中着用するのは避けましょう。
あまりに強い力で締めすぎると血液の流れが悪くなって代謝が下がってしまったり、冷えやむくみを引き起こしてしまいます。
ひどい時には子宮脱になることもあるので、日中着けているという方は就寝時は外して眠るようにしてください。

夜何もつけないのは心配だという方は、産褥ニッパーや産褥サポーター、そして今回紹介しているトピナガードルのような締め付け感が強くないものを使用するのをおすすめします。

産後ガードルは妊娠前の体型に戻し痩せやすい体になるために効果が有るものであって、着けている時間が長いからといって痩せられるものではありません。
正しい使用時間と正確な位置に着けることが、効果を実感できるポイントです。

産後におすすめのトピナガードル

いろいろな産後に使用するガードルがありますが、特にオススメしたいのはトピナガードルです。
苦しくないから24時間使える産後用トピナガードル

体の冷えはダイエットしたい女性にとって大敵で、産後は特に体内の循環機能も下がってしまっています。
産後すっきりした体型になるために最も大事なことは、体を温めて代謝を上げることです。

トピナガードルは産後の女性に効果があるよう、生地から専用に開発された商品で腹筋の低下や締めつけによる血行が起こりにくいように作られています

着用中も快適に過ごせるよう、ちょうど良い引き締めと優れた保湿性に合わせて発汗作用と体温を逃がさないので、体温の上昇と代謝が上がることが期待できます。
体温が1度上がれば代謝は14%も上がると言われているほど,体を温めることはダイエットに効果的です。

トピナガードルを着用すれば最も痩せやすいといわれている体温である36~37度をキープすることができ、大量発汗や基礎代謝の上昇が促され痩せやすい体になることができます。

またサイズを補正したくなったら無料で行ってくれるアフターケアも付いているので、安心して長く使用することができます。
最初は産後ガードルとして、その時期が終わって体がスリムになったら補正下着として使えるので大変経済的な商品です。

ほどよい締め付け感と体を冷やさないということが、痩せやすい体質になるための近道です。
トピナガードルで出産後のお腹まわりをすっきりさせて、イキイキとした子育てライフが送れるといいですね。
 

安心の日本製、アフターケアでお直し無料!産後用トピナガードル

【アイマーク】トピナガードル 詳細産後用

icon-chevron-circle-right トピナガードルは安心の日本製で、ナイロンを使わないのでかゆくなりにくく、ストレッチ素材のため苦しくもなく、また体幹部を温め24時間発汗を促しながら速乾素材により快適さを保ちます。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 産後のお腹に!引き締めガードルはいつから?オススメのガードルの選び方