妊娠中でも大丈夫なdhaサプリメント!摂取時期はいつから?


妊娠中は何かとお腹の赤ちゃんのために栄養価の高い食事を食べたいものです。

妊活中、妊娠中でも大丈夫。ママの為子供の為のサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

妊娠中はいつから摂取すべき?
特に脳や内臓といった重要な臓器を形成するために重要は役割を果たすといわれている葉酸や鉄分以外にも意識したいのはdhaです。
dhaは魚に多く含まれている栄養素ですが、手軽に摂取する方法としてはサプリメントの活用もおすすめです。
妊娠中にサプリメントの摂取を避けたいという人もいるかもしれませんが、まずはdhaが妊娠中に必要なワケと共にサプリメントでの摂取が望ましい理由も併せてご紹介します。
dhaサプリメントの摂取時期は?

dhaに期待できる役割


「ドコサヘキサエン酸」とよばれるdhaは、主に青魚に多く含まれている多価不飽和脂肪酸です。
私たちの体内でも作られる成分であり、脳と神経細胞の働きを高めるといった特徴があります。

そんなdhaを妊娠中に摂取しなければいけないワケは、胎児の脳神経細胞を形成する際にとても重要な働きをするといわれているからです。

具体的にdhaが脳の形成にどのように働くのかまでは明らかとなっていませんが、確実に脳や神経を形成する際にプラスに働くということが期待できるという点では胎児の成長にも重要であることが判断できます。

妊娠中はママ自身が胎児の成長に必要な栄養素をきちんと摂取する方法でしか赤ちゃんの成長は助けられません。その際に必要な栄養素のひとつがdhaなのです。

妊娠中はいつから摂取すべき?

dhaを妊娠中に摂取する際にはいつからがベストといえるのでしょうか?
一般的には妊娠20週目あたりからは胎児の脳内でdhaが増え始めるといわれています。さらに長期的な記憶を司る海馬は、妊娠20週あたりで完成するのですがその後もdhaの摂取は必要となります。
dhaが妊婦さんの体内に入ってから直接胎児に届くまでの時間を考えると妊娠前からの摂取が理想といえますので、妊娠中ならいつからでも摂取することが可能です。

特に妊活中の女性なら積極的にdhaを摂取して最大限胎児の健康作りを目指す方法も有効となりますので、妊娠を希望する時期からの摂取ももちろんありです。

妊娠中は控えたい魚からのdha摂取

dhaの摂取を意識する上では含有量が多い青魚を多めに食べるという方法が一般的です。しかし、妊娠中は少し注意が必要です。

実は青魚には微量ながら水銀が含まれている可能性が高いと言えます。
大人であれば水銀を摂取しても自然に体の外に排出することができるのですが、胎児の場合はまだこの機能が備わっていないため、胎盤を通し赤ちゃんの体内に蓄積されてしまう危険性があります。

そのため妊娠中にdhaを摂取する際には青魚だけに頼らずサプリメントの活用も視野に入れることが必要です。

サプリならつわりで食欲がない時期でも手軽に必要な栄養素を補える上に、一日に必要な量をきちんと摂取することができるので妊娠中にこそおすすめです。

dhaサプリを選ぶポイント

妊娠中にdhaを摂取するということは、当然胎児への影響を第一に考えて選ぶ必要があります。

 
dhaサプリも数多く販売されているのですが、特に天然由来の成分で作られているサプリメントを選ぶことで安心が得られます。

また放射能検査や農薬の有無を検査するといった取り組みまで徹底しているメーカーのdhaである方が、より胎児への影響を心配する必要がありません。

もちろん飲みやすさを考えるなら味がそれほど気にならず、粒の大きさや飲みやすさまで考えられていると尚いいです。

胎児のために妊娠中から毎日継続して飲むdhaのサプリメントだからこそ、コストの面でも満足できるメーカーであれば選ぶ価値があるといえます。

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

 
dhaは妊娠中は元より赤ちゃんにも必要な栄養素であり、家族の健康を考える際にも欠かせないものです。
信頼できるサプリメントを探すことができれば長く続けることができますのでぜひお試しください。

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 妊娠中でも大丈夫なdhaサプリメント!摂取時期はいつから?