ルイボスティーでひどかった妊娠中の便秘が改善しました!



 


商品を買ったきっかけ
30代前半の妊婦、ちなみに初マタです☆妊娠8ヶ月に入ってから、とにかくお通じが悪く悩んでいました。妊娠中は赤ちゃんが腸を圧迫するので、便秘になりやすいらしいですね。
体験ママ:ゆうさん(女性、30代前半の妊婦)

私も、水を飲んだり食物繊維の多いものを食べたり、スムージーなども試してみましたが、ことごとく効果がなく…。
でもやはり赤ちゃんへの影響が心配で便秘薬は飲みたくなかったので、出産経験のある友達に聞いてみたところ、彼女はルイボスティーが効果抜群だったそうです。

ルイボスティー…実は私、あの独特な風味?が苦手で、ほとんど飲んだことがなかったんです。
でも、このまま便秘でお腹が苦しいのもイヤで、飲みやすいルイボスティーはないかな…。と色々と探していました。

そんな時、こちらのルイボスティーが「飲みやすくて美味しい」「ルイボスティーは苦手だけど飲めた」というレビューが多かったため、思い切って購入することにしました。
種類が2つあって、妊娠中なこともあり「オーガニック」の方を選んでみました。

実際に商品を飲んでみて

実際届いてみて、実はあまり説明を読んでいなかったのですが、大容量にびっくり!オーガニックの方は、2g入りで101パック入りだそうです。

1日1杯飲んだとして、3ヶ月分以上ありますね。さて、早速ドキドキしながらも、パッケージ通りに淹れてみると…。
あれ、意外と美味しいかも?ルイボスティーの薬っぽい風味が少なくて、ちょっと変わった紅茶?感覚で飲めてしまいました!これなら続けられるかも。

オーガニックのルイボスティーは、ちゃんと認証マーク入りなので安心できますね。
ちなみに帰宅した夫にも飲ませてみたところ、かなり気に入ったようでした。

ホットで毎回淹れるのは忙しい時には大変なので、麦茶感覚で煮出してみました。
1リットルに2パックほど入れて、数分煮出すとちょうどいい濃さのルイボスティーができます!こうやって作っておくと、気がついた時にいつでも飲めておすすめです。

これで、便秘も良くなるといいなぁ。

後日談とまとめ

〜1週間後〜ルイボスティーを飲んだ翌日、やや硬めでしたがお通じが…。やはり効いているのかも⁈と思いながら、その日はルイボスティーをなるべく飲むようにしました。

すると、その次の日はしっかりとお通じが♪気のせいではなく、ルイボスティー効果みたいです!出かける時も、水筒に入れて外出先で飲むようにしてからは、本当に快調になりました。

週に一度マタニティーヨガにも通っているのですが、同じクラスのプレママも便秘に悩んでいると話していて…。まだ家にルイボスティーがたくさんあったので、いくつかおすそ分けしてあげました。

すると、翌週そのママも便秘が改善したそうです。
とても美味しくておすすめのルイボスティーですが、私のようにルイボスティーが苦手な人のために、手頃な値段のお試しパックみたいなのがあったらもっといいなーと思います。

今回は運良く口に合ったから良かったですが、もし飲めなかったら余った分がもったいないので…。でも、味は飲みやすいし、何よりあんなに悩んでいた妊娠中の便秘が解消したので大満足です!産後も母乳で育てたいので、もうしばらく買い続けようと思っています♪

注:改善・解消効果には個人差があります

妊活・妊娠中の栄養はいつから?野菜や人気の無添加葉酸で補う必要性について


野菜だけでは心配?妊活中・妊娠中のあなたに伝えたい栄養管理の大切さと葉酸の重要性

妊活中の人にとっては妊娠を継続させるために、そして、妊娠中の人にとってはお腹の赤ちゃんの健やかな成長のために

食生活における栄養管理

ところで、あなたは「葉酸」ってご存知ですか?
葉酸は、水溶性ビタミンの一種であり、主に緑黄色野菜・果物・豆類・穀物・きのこ等に豊富に含まれています。

葉酸は、わたしたちの体内において赤血球を形成する過程で必須な補酵素として機能しています。
つまり、葉酸は、わたしたちの体の中でなくてはならない成分なのです。

妊活中・妊娠中の人に知ってもらいたい「葉酸の重要性」


この「葉酸」は特に、妊活中・妊娠中の人に欠かすことができない成分だということをあなたはご存知ですか?
葉酸を摂取することで、お腹の赤ちゃんがある種の先天性障害(神経管閉鎖障害)を発症するリスクを減らすことができるのです。

厚生労働省は2000年の12月に、「妊娠を計画している女性は妊娠1カ月以上前から妊娠3カ月までの間、通常の食事摂取に加えて、葉酸400μgを栄養補助食品等から毎日摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを集団として低減化することが期待できる。」という見解を発表しています。

つまり、神経管閉鎖障害という赤ちゃんの先天性障害の発症を減らすためには、
「妊娠前」から葉酸を摂取することが必要なのです。

また、「妊娠前」だけでなく「妊娠中」も葉酸を摂取することが大切です。
葉酸は、DNAの合成や細胞分裂に深く関与しています。

赤ちゃんはママのお腹の中で細胞分裂を繰り返しながら成長していきます。
赤ちゃんがママのお腹の中で成長する際に、ママの体内ではたくさんの葉酸が必要なのです。
このため、厚生労働省は「妊娠中の女性は通常の摂取量に200μg付加した量を葉酸の摂取量とする」ことを推奨しています。

妊活中・妊娠中の葉酸摂取は世界の常識!


日本だけでなく、北米(米国,カナダ)、英国連邦(英国,オーストラリア,ニュージーランド)、
ヨーロッパ(オランダ,ノルウェー)等の諸外国でも、日本と同じように、妊娠前の女性や妊婦が葉酸を摂取することが奨励されています。

特に米国では、一般の穀類に葉酸を添加することが1998年に義務付けられているほど、葉酸の重要性が認識されています。

このように、「葉酸」を妊娠前~妊娠中に積極的に摂取したほうがよいことは、世界の常識なのです。

どうやって葉酸を摂取するの?


では、どうやって葉酸を摂取したらよいのでしょうか?

葉酸は、緑黄色野菜・大豆・米・きのこ等の食物に含まれています。
だから、これらの食物を食べていれば、葉酸を摂取することができます。

しかし、葉酸には以下の3つの欠点があります。
1.葉酸は不安定なので、調理時の加熱によって壊れやすい
2.食物に含まれる葉酸は、吸収率が低い(約50%)
3.葉酸は生体内で安定に存在できないので、毎日補充する必要がある

この3つの欠点を解消する方法があります。それは、「葉酸サプリ」を毎日摂取することです。

葉酸サプリの特徴

葉酸サプリとは、すなわち、葉酸を含むサプリメントのことです。
葉酸サプリは、上記3つの欠点をすべて解消することができる「優れモノ」なのです。

食物に含まれる葉酸は調理時の加熱で壊れてしまいますが、葉酸サプリを摂取すれば、加熱によって葉酸が壊される前に葉酸を摂取できるため、体内に葉酸を確実に取り込むことができます。

食物中に含まれる葉酸は「ポリグルタミン酸」型の葉酸です。
このタイプの葉酸は体内での吸収率が低いという欠点があります。
市販の葉酸サプリを購入する際は、「モノグルタミン酸」型の葉酸を含む葉酸サプリを選びましょう。

「モノグルタミン酸」型の葉酸は、「ポリグルタミン酸」型の葉酸と比べて体内での吸収率が高いという特徴があります。
「モノグルタミン酸」型の葉酸を含む葉酸サプリを選べば、体内で吸収されやすい葉酸を摂取することができます。

葉酸サプリは毎日手軽に摂取することができるので、葉酸をきちんと毎日摂取することができます。

「葉酸サプリ」で赤ちゃんの健やかな成長をサポート!

あなたも毎日、葉酸サプリを摂取することで、赤ちゃんの健やかな成長をサポートしましょう。

なお、ただ葉酸だけを摂取すればよいという訳ではありません。
お腹の赤ちゃんのためには、葉酸でなく他のビタミンもバランスよく摂取することも大切です。

また、厚生労働省の見解では、葉酸の摂取量は1日1,000μgを超えないことが注意事項として記載されていますので、
1日の葉酸摂取量をきちんと守ることが大切です。

 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

授乳中は風邪を引きやすい!?授乳中の栄養は食事に気を付けよう!



授乳中の風邪はとてもつらい!
授乳中は、健康管理に神経を使いますよね。
風邪を引いてしまい、薬を飲んで赤ちゃんに伝わってしまうと、小さな体に影響が出てしまうこともあるからです。
かといって、ママがいつも薬に頼らず、元気いっぱいで過ごせるかと言ったらそうではありません。
授乳中のママの健康管理

授乳中のママの身体は、とってもデリケート。
ママの栄養が母乳を通して赤ちゃんに送りこまれているので、疲れやすくなっていて、風邪をひきやすくなっているのです。

では授乳中のママが、なるべく風邪をひかず元気に過ごせるようにするにはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

授乳中の基本!栄養たっぷりの食事

授乳中は、たくさんご飯を食べることが基本です。
何もしなくても、母乳をあげているママはびっくりするほどお腹がすきます。

たくさん食べると、母乳がたくさん出ます。
たっぷり食べて、赤ちゃんにたっぷり栄養をあげてください。
しかし、ただ何でもかんでも食べるのではなく食事内容を気を付けることで、赤ちゃんがとっても喜ぶおいしい母乳づくりにもつながります。

白米
白米は母乳量が増えると言われています。
毎日に食事には、パンや麺の量を減らし、白米を食べましょう。

根菜類
栄養たっぷりの根菜類は、体を温める作用があり、母乳の出をよくします。
根菜いっぱいのスープなど、積極的にとるようにしましょう。

水分
母乳は、水分不足だと出が悪くなります。
のどが渇いていなくても、夏場は5リットル、冬場は3リットル程度を目安に取るようにしましょう。

そうです!お分かりの通り、授乳中におすすめの食事とは、和食中心であることがわかります。

脂分の控えめな、優しい味付けの和食をたくさん取ることで、授乳中の栄養もたくさん取ることができます。
時間がなく、忙しい日はお鍋に根菜をたくさん入れて、体を温めてくださいね。

授乳中におすすめしない食事

授乳中におすすめの食事をご紹介しましたが、おすすめしないものもあります。

油っこい食べ物や刺激の強い食べ物は、なるべく避けましょう。
一見元気の出そうな食べ物ですが、母乳にもにおいが出ることもあり、授乳中には適していません。

大人にはおいしい食事でも、赤ちゃんにはとてもじゃないけれどおいしくありません。

また、いつもよりも目がさえて睡眠時間を妨げてしまったり、ちょっとした興奮状態を招いてしまったりするのです。
辛い物が好きなママも、少しの間は我慢したほうが良いかもしれませんね。

甘い洋菓子も注意です。
生クリームやチョコレートを食べすぎると、母乳がドロドロになりやすいのです。
飲んだ赤ちゃんがおいしくないと感じることもあります。

またそれだけではなく、母乳がつまり、乳腺炎になってしまうことも。
乳腺炎は、おっぱいがとても痛く、ガチガチになってしまいます。
ひどい状態の人は発熱をしてしまうこともありますから、絶対に避けたいものです。

授乳中の栄養は、必須!賢く摂取しよう!

いかがでしたか?
風邪をひきながら、授乳中の赤ちゃんを育児するのはとても大変です。
薬も安易に飲めませんし、赤ちゃんにうつしてしまう可能性もあります。

授乳中は身体がデリケートになっているので、体内に取り入れるものも気を配らなければなりません。
まずは日々の食事を見直し、できることから始めてみましょう。
忙しいときや、どうしても難しいときは、サプリメントで栄養を補充することもできます。

今のサプリメントはとても種類も多く、インターネットからも気軽に注文できます。
無理なく、楽しい授乳ライフを送りましょう!

 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

妊娠初期やつわり中に胎児に必要な栄養素!食事や栄養剤でしっかりと


妊娠中、栄養の偏りのある食事は胎児に影響あり!

【妊娠中の栄養】
妊娠中のプレママの食生活はとても大切です。ママが摂取した栄養分は、へその緒を通じて赤ちゃんへ吸収されます。ママが摂取するものが、赤ちゃんの身体を作っています。

妊娠中、お酒やタバコはもちろん、コーヒーや紅茶を我慢したり、飲める薬の種類が限られるのも、アルコールやタバコの成分が赤ちゃんに吸収されて深刻な障害が出たり、

カフェインが赤ちゃんに吸収されて赤ちゃんに影響があったり、薬の成分が赤ちゃんに吸収されたりするからなんですね。

食生活の質が、赤ちゃんの健康な身体作りに大きく関係しているのです。

つわり中の食事

妊娠初期は、赤ちゃんの基礎の部分が作られる、とても大切な時期です。
しっかり栄養バランスの取れた食事をしたいところですが、ここで大きな問題があります。

それがつわりです。
身体の中の赤ちゃんを異物とみなしてしまい、身体が拒否反応を起こすことがつわりの原因と考えられています。

つわりの症状

つわりの症状には吐きつわりと食べつわりの2種類があります。
吐きつわりは、とにかく気持ち悪くて食欲がないタイプです。
食べつわりは、お腹が空くと気持ち悪くなるタイプです。

もちろん症状の重さには個人差があるのですが、皆さんに共通して言えるのは、気持ちが悪い、吐き気がする、という症状です。

特に吐きつわりタイプですと、食欲がほとんど沸きません。気持ち悪い中でもなんとか食べられるものを少しでも食べて、つわりが終わるまで乗り切ります。
最悪、入院して点滴で栄養補給してもらうケースもあるほどです。

つわりの最中でも食べられるものにも個人差がありますが、症状がひどい人ほど、食べられるものが限られます。

豆腐だけでつわり生活を乗り切った、つわり中は枝豆だけ食べていた、など、1種類か2種類ほどの食べ物しか食べられない方も大勢います。
栄養の偏りは仕方ありません。

そんな中、お腹の中の赤ちゃんのために栄養バランスの取れた食事を取るなど、とても不可能なのです!

赤ちゃんのための栄養補給


つわり中の食生活のせいで栄養に偏りがあると、胎児に影響が出ないか心配ですよね。
赤ちゃんのために、つわりが辛い妊娠初期から栄養を補給するにはどうすればいいのでしょうか?

答えは、サプリメントです!
妊娠初期から赤ちゃんのためにぜひ摂っておきたい栄養素がたっぷり配合されたサプリメントが、たくさん販売されています。

特に妊娠初期にとても重要視される栄養素が、葉酸です。
胎児の発育に大切で、先天異常のひとつである神経管閉鎖障害を発症するリスクが軽減されると言われています。

葉酸は通常の食生活でも必要量をまかなうことが難しい栄養素です。水溶性のビタミンのため、身体に蓄積もできません。
つわりの辛い食事が偏る時期に、葉酸を必要量取ることはほぼ不可能と言っていいでしょう。

また、鉄分や亜鉛も赤ちゃんの成長に必要な栄養素ですが、こちらも食事だけで必要量をまかなうのは難しいです。
これらの栄養素が、妊婦用サプリメントなら、一度に摂取できるのです。

お値段は、平均して1ヶ月で1500円前後かかりますが、赤ちゃんの健康な身体をその値段で作ることができると考えれば、決して高くはありません。
1日決められた回数、サプリを水で飲むだけ。食事作りに頭を悩ますよりもとても手っ取り早いです。

まとめ

妊娠中、特に初期はつわりで身体が思うように動きません。
初めての妊娠の場合は特に、お腹の赤ちゃんのためにと色々がんばりたいという思いはあるのですが身体が動かず、歯がゆい思いをするものです。

偏った食事だけで赤ちゃんのための栄養をまかなうのは無理!といさぎよくあきらめてしまいましょう。

まじめな方ほど、「栄養バランスの取れた食事作り」に縛られてしまい、頭を悩ませてしまうのです。
サプリメントを利用して、手軽に効率よく、赤ちゃんのために栄養を摂取してあげてくださいね。

 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

妊娠中の栄養不足は胎児に影響が?授乳中も栄養管理にサプリメントを上手に使おう!



妊娠中・授乳中の栄養管理
妊娠中はお腹にいる赤ちゃんのためも、バランスの良い食事が大切になります。
妊娠中の栄養不足は、母親も風邪を引きやすくなったり、体調を崩すことの原因になり危険です。
そして、もっと気になるのは胎児の発育に影響が出てしまうことです。
妊娠中に取りたい栄養素

妊娠中に取りたい栄養素ベスト3

妊娠中に取りたい栄養素

妊娠中には特に摂取したほうが良いといわれる栄養素が三つがあります。

 

 icon-arrow-circle-right 「葉酸」
ビタミンB群のひとつである「葉酸」は胎児の発育に欠かすことのできない栄養素です。
「葉酸」には胎児の細胞分裂を助けるという、とても大切な働きががあります。

そして「葉酸」を妊娠初期にしっかりと摂取することで、先天性障害である「神経管閉鎖障害」のリスクが70~80%低減することができるといわれています。

 icon-arrow-circle-right 「鉄分」
妊娠中はどうしても貧血になりやすくなってしまいます。

胎児に優先的に鉄分を送ってしまうために母体は鉄分不足になりやすくなってしまうのです。

 icon-arrow-circle-right 「カルシウム」
鉄分と同じように胎児に優先的に送ったしまう栄養素になります。
カルシウムは胎児の骨格形成にも必要な栄養素です。

もし不足してしまうと、歯の未発達や骨粗しょう症のリスクもあるので、しっかりと摂取しましょう。
これらの栄養素は普段の生活でも大切なものですが、妊娠中は特に必要になってきます。

通常よりも妊娠中は摂取すべき量も多くなってきますので、意識的に取り入れるようにしましょう。

食事では補えない妊娠中の栄養はサプリメントで!

妊娠中はしっかりと栄養をとることが必要と理解していても、つわりなどで満足に食事をとれないこともありますよね。

お腹の赤ちゃんのために食べないと

 
分かっていても食べれないのがつわりです。

そして、それを悩んでストレスになってしまうのが妊娠中には一番よくありません。

そして先程述べた、葉酸 鉄分 カルシウムなどは日々の食事だけで補おうとしてもなかなか難しいのが実情です。
そこで必要になってくるのが「栄養サプリメント」です。

中でも「葉酸」は厚生労働省がサプリメントで摂取することを推奨しています。

妊娠中の栄養サプリメントは安全性で選ぼう

栄養サプリメントの中でも「葉酸」をメインとしたサプリメントは各企業から色々な種類のものが発売されています。

どれを買ったらいいのか悩んでしまいますが、妊娠中に服用するならまず考えるのはその安全性ですよね。

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

 
そこでお勧めししたいのがLaraRepublic(ララリパブリック)の国産野菜ミックスパウダー配合の葉酸サプリです。

こちらのLara Republicの葉酸サプリはすでにアメリカやフランスではランキング1位を獲得しているものなのですが、もちろん無添加です。
そして、素材だけでなく製造場所にまでこだわりを持っています。

一つ一つ丁寧に製造し、厳しい検査を実施しているので、Lara Republicの葉酸サプリが「GMPマーク」「安心 安全マーク」と日研栄協や日本サプリメント評議会などが付与するマークを2つ取得しているのも納得です。

安全性だけでないLara Republicの特徴

Lara Republicの人気の秘密はその安全性が保証されているということもありますが、その配合されている栄養素のバランスの良さにも定評があります。

国産厳選野菜のミックスパウダーを配合しており、大麦若葉やケールなど8種類の緑黄色野菜などをミックスしたパウダーで不足しがちな野菜の栄養をしっかり摂取できるようなっています。

そして忘れてはいけない「鉄分」も、もちろん配合されており、さらに嬉しいことに美容成分であるツバメの巣エキスや黒酢もろみ乾燥末など入っているのです。

このように安全で栄養のバランスが良いサプリを妊娠中は服用することは良いことばかり。

しかしここで注意してほしいのは、その摂取のしすぎです。
いくら必要な栄養素だとはいえ、その摂取量が度が過ぎれば悪い影響も与えかねません。
規定の量は正しく守り、何かあれば必ず医師に相談しましょうね。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

ママの授乳期中の栄養!食事で気をつけるべき点やサプリ補給の利点



赤ちゃんにとっての母乳
母乳はお母さんの身体から作られます。
授乳中に身体に摂取したものは、母乳のもとになります。お母さんの食生活が母乳の質に大きく関係しますから、つまりは赤ちゃんの身体作りに直結します。
お母さんの食事が、赤ちゃんの身体を作るといっても過言ではありません。
それだけ、授乳中の食生活はとても気をつけなければいけないのです。
授乳中の栄養

母乳に直結!授乳中の注意点

授乳中の注意点

授乳中に禁止されていることはたくさんあります。
お酒やタバコはもちろんいけません。これは、妊娠中からも言われていることですね。

好きな方は、赤ちゃんの健康のため、まだまだ我慢です。
そして、薬。赤ちゃんを産むと体力が落ちますし、一晩中赤ちゃんのお世話をしますので、風邪を引きやすいです。ですが、気軽に市販の風邪薬を飲んではいけません。

風邪薬に配合されている成分が、母乳を通して赤ちゃんへと吸収されてしまうからです。

当然、赤ちゃんのために食生活も整えないといけません。
紅茶やコーヒーは控えましょう。
カフェインが赤ちゃんへ吸収されてしまいますから。

カフェインレスの紅茶やコーヒーで我慢しましょう。
そして栄養バランスの取れた食生活、これが大切です。

授乳中は大変!食事作り


赤ちゃんが生まれてから離乳食が始まる数ヶ月は、育児が本当に大変です。
生まれたての頃は数時間置きの授乳で夜中も起きなくてはいけませんし、赤ちゃんが寝付けずに泣けば夜中だろうとあやさなくてはいけません。
オムツも替えなくてはいけません。

特にはじめての育児の場合、余裕がなくて最初の1、2ヶ月はふらふらだと思います。

そんな気持ちに余裕がなく体力も時間もない状況で、栄養バランスの取れた食事を作り、食べることは実はとても大変です。
赤ちゃんのためだとわかっていても、自分の食事なんて適当になってしまうのです。

ひどいときは赤ちゃんをあやすために立ったまま食事をしたり、抱っこして授乳しながら食事したり・・・とにかく自分だけでゆっくりと食事をする状況がなくなってしまうのです。

できるだけ食事に時間を取りたくない、適当なご飯をできれば5分や10分でぱぱっとかきこんでしまいたい、そんな考えのお母さんが大勢います。
それだけ赤ちゃんのお世話が大変なのです。

離乳食が始まるまでは母乳のみで赤ちゃんは生きています。
それだけ母乳が大切な時期なのに、お母さんは赤ちゃんのお世話が大変すぎて、食生活がおろそかになってしまうのです。

栄養補助としてのサプリメント

ピジョンや和光堂、ビーンスタークなど、赤ちゃん用品の有名企業からもサプリメントは多数販売されていますし、一流企業からも販売されています。

赤ちゃんのために飲むものですから、品質保証は気になりますよね。でもどの商品も、しっかりした企業から出ているものです、安心して飲むことができます。

食事だけで完全な栄養バランスを目指すのではなく、食事だけでは栄養バランスは取れない!とあきらめてしまうと気持ちが楽になりますよ。

そして、足りない分はサプリメントで補給すればいいのです。
栄養を考えた食事の用意に時間をとられずに赤ちゃんのお世話に集中することができるのが大きなメリットです。

赤ちゃんに必須な栄養素が配合されているだけでなく、お母さんの身体の健康のためにも必要な栄養素まで配合されています。

生まれてすぐから数ヶ月の間、母乳だけで育つ時期の母乳は、とても栄養価の高いものです。
授乳を始めて驚くことなのですが、ものすごく食欲が沸きますし、母乳が出れば出るほど、どんどんやせていきます。

母乳ダイエットなんて俗語もあるくらいです。
それほどに、栄養分ががっつり赤ちゃんに取られるのですね。
お母さんの身体から栄養分が吸い取られることになりますから、お母さんはしっかり栄養を取らなくてはいけません。

お値段はかかりますが、赤ちゃんとお母さんの健康にはかえられません。
赤ちゃんだけでなくお母さんの健康のためにも、授乳中のサプリメントもおすすめです。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

妊娠中に起こりやすい栄養の偏りとは?栄養サプリメントや食事で上手に栄養管理する方法



妊娠中は何かと不調を訴える妊婦さんも多いのですが、体調が思わしくない時期であってもしっかり意識するべきは「栄養のバランス」です。
妊娠中毒症や妊娠高血圧などの病気を予防するためにも肥満は避けるべき!と妊娠中もダイエットに励むのはよくありません。
妊娠中に起こりやすい栄養の偏り

まだママのお腹にいる赤ちゃんは、ママが口にする食事のみが頼みの綱です。
辛い時期もあるかもしれない妊娠中には、自分が楽をしながら続けられる食事法を活用するのが一番。
そんなママに知って欲しい妊娠中の栄養素についてご紹介します。

体重増加よりも意識したい大切なこと

妊娠中は、妊婦健診に行くたびに赤ちゃんの元気な姿を目にすることができ、ワクワクするものですよね。

エコーに映る愛おしい我が子がお腹の中で指しゃぶりしている様子や前回とは違う体勢で眠っている様子など、まだ直接触れあうことはできないからこそわずかな変化がとてもうれしくなるママも多いことでしょう。

しかし、妊娠中だからといって自分の体が醜く変化するのは許せない!そんなママの多くは妊娠中であっても極端なダイエットをしてしまうという問題が最近増えていることをご存知でしょうか?

妊娠中に太りすぎるのも妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなってしまいますので危険ではあるのですが、ダイエットにより栄養の偏りが多く見られてもよくありません。

妊娠中は赤ちゃんの成長が最も大切なのです。赤ちゃんにとっての健康的な体を作り、スクスクと成長させるためにも、妊娠中はしっかりと必要な栄養素が補える食事を心がけるべきなのです。

妊婦と言えば「葉酸」が特に有名ですが、妊娠初期から積極的に摂取したい栄養素です。

葉酸
葉酸には脳や神経の発育を促す働きがあり、不足することで先天異常や神経管閉鎖障害といった症状を起こす危険があります。
妊娠中時にはそれまでの2倍となる400μgの摂取が必須となります。

鉄分
さらには鉄分も貧血予防のために妊娠前よりも1.7倍分は摂取が必要です。
妊婦に多い貧血の原因は胎児に鉄分が取られてしまうためです。

鉄分不足の状態が長く続けばママの体内で運ばれる酸素が不足しやすく、めまいやだるさ、動悸といった症状と同時に赤ちゃんへの栄養も運ばれる量が減少してしまいますので、成長そのものにまで影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。
カルシウム
その他にも妊娠前よりも1.5倍は摂取が必要なカルシウムには骨を作る働きがあるため、重要です。

妊娠中にこの栄養素が不足してしまうとママの骨から溶け出し補給されることとなりますので、将来骨粗しょう症の原因となる可能性もあります。

骨や皮膚の発育に欠かせない亜鉛や脳の発達に欠かせない「DHA」や妊娠中毒症予防になる「ビタミンB6」なども毎日の食事でしっかり補給したいものです。

妊娠中に多い栄養の偏り

妊娠中に栄養の偏りが起こりやすい理由はいくつかのパターンが考えられます。

ケースつわりがひどくまともに食事が取れない
つわりは人により症状もバラバラですし、継続する期間も判断することはできないため、まずは食べられるものを無理せずという方法が一般的です。

そのため、つわりの期間が長く続くママほど、極端な単品ダイエットをしているかのような栄養不足を起こしやすいといえます。

ケース同じつわりでも食べづわりを起こしてしまう
食べづわりも人により食べられるものが異なり、何でもいいから口にしていればいいというママもいれば、これ!といった限定したものだけを食べ続けることでつわりの症状が軽くなるママなど様々です。

こちらも栄養を意識して食事を取るというよりも、つわりを軽くするために食べるという内容になるため栄養の偏りを起こしやすいといえるのです。

ケース妊娠中だからといって好きな食べ物を好きなだけ食べる
こちらも栄養バランスを意識しない限りは偏りを起こしやすいといえます。

どちらのパターンにおいても食べる量だけでなく、内容をしっかりと管理できることが栄養バランスを整えることにつながります。

栄養の偏りを簡単に解消する方法

妊娠中に栄養の偏りを起こさせないためには、基本的に食事は手作りの方が調整しやすいです。手作りといっても、気負う必要はまったくありません。

「ごはん、汁物、メインディッシュに副菜を2品」これを意識しながら自分の好きな食事を用意するだけで十分です。

ごはんにはかみごたえのある雑穀や発芽玄米を使用し、汁物はインスタントの味噌汁にわかめや麩を入れるだけでも色々な食材を摂取することができます。

またメインディッシュは魚もしくは肉を焼くだけでも十分ですし、副菜としては複数の野菜をまぜた生のサラダにスーパーやコンビニのお惣菜をプラスするだけでも栄養豊富な食事を味わうことができます。

この組み合わせでメニューを考える場合、外食でも偏りなく栄養バランスを整えることができます。ただしどんぶり物や単品メニューはおすすめできませんので、併せて副菜や汁物をプラスするといった工夫をしてみてください。

妊娠中の不調に悩むなら栄養サプリメントの活用を

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

 
妊娠初期の頃からつわりがひどく、栄養の偏りが気になるというママは、一人で罪悪感を抱え込まないためにも手っ取り早く栄養サプリメントを活用しましょう。

栄養サプリメントを妊娠中に摂取しても問題ないの?と心配するママもいるかもしれませんが、妊婦さんでも安心の国産品を選べば安心です。

自分の意思とはまったく関係なく体調に変化が起こりやすい妊娠中だからこそ、ママ自身に負担のない方法で栄養の偏りを予防しつつ、辛いときでもしっかりと赤ちゃんの栄養不足を予防するために栄養サプリメントを活用して、妊娠中の大切な時間を満喫してください。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

妊娠初期、中期からの葉酸!数ある中からAFC葉酸サプリにした理由



購入した理由
今回、AFC葉酸サプリを購入した理由は妊活をする為に購入しました。今回は2人目と言うことと、年齢が30歳になってしまったこともあり、慎重に調べた結果こちらにたどり着きました。又、調べた結果年齢が重なるにつれて『障害のリスクも増える』と聞きましたので取り入れました。1人目の時は20代でしたし特にそのような情報も知らず気にしていませんでしたが、2人目となるとそうはいきませんでした。
体験ママ:めめ★

icon-magic mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリAFC
数ある中からAFC葉酸サプリにした理由
その他2社程目に止まりましたが、最終の決め手は『価格・成分の内容』でした。一番購入したいと思った葉酸サプリは成分内容がパーフェクトだったのでそちらを購入したいと思いましたが、価格がとても高くて持続して飲むのには厳しいと判断し、継続して飲めるほうを選びました。
そして口コミを見て総合的に『AFC葉酸サプリ』にしました。

AFC葉酸サプリのいいところ

・1日4粒で1日に摂取したい400ugが取れること。8㎜の小粒で呑みやすい所。
・色、香りの変化を抑える為に、原材料レベルでコーテイングされているところ。(コーテイングはされて匂いは抑えられているもののそれでも悪阻の時はダメなんじゃないかと心配しましたが、私は、悪阻の時でも気にならず飲むことが出来ました。)
・サプリのボトルが何も気にならず開けやすい所。
・サプリボトルが大きすぎず持ち運びに便利なところ。
・1個購入よりも3個セット、6個セットで購入した方がよりお得になる所。(妊活中~出産するまでは毎日摂取する物なので1個お試しで購入して自分に合っていれば、6個購入がかなりお得だと私は思います。
・国内工場で作られていて安全。
・健康食品なので1日のどこのタイミングでのんでも大丈夫なところ。(飲み忘れそうになっても就寝前でも飲める)
・食品で摂取しよとするのはもちろんですが、全てが摂取出来る訳ではないのでサプリがあると安心感がある。
・葉酸サプリを摂取することにより、障害のリスクがぐっと下がること
・産婦人科や妊活を始める人へ広告でも必ずお勧めされているサプリなので抵抗なく取り入れて摂取出来ること。

摂取してからの効果

実際、妊活中から摂取していますが、なんの効果が出ているかは正直分かりません。
ですが、実際に妊娠して安定期に入る前は、赤ちゃんの大事な臓器や栄養を送る為なのか、貧血気味になることもあったので葉酸サプリを飲んでいるから『少しはマシなのでは?』と思えました。

私は大体、朝食の時に摂取するように決めているのですがたまに飲み忘れてしまった時には特に貧血が酷かったように感じました。(気のせいかもしれませんが・・・。)

最後に、妊活をする方や妊娠が分かった方には是非摂取して頂きたいサプリです。
大体、妊娠する3か月前から摂取するのがベストと調べたところ書いてありましたので、妊娠する予定がある方は前もって摂取することをお勧めします。

妊活や、妊娠がなくても体にはとても良いものを取り入れていると思うので他の目的の方もいいと思います。
他もメーカーと比較してそれぞれいいところがあると思いますが、こちらの『AFC葉酸サプリ』は総合的に見て私は、一番いいと思います。

メーカーのこだわりがない方には自信をもってお勧めしたいです。
キャッチフレーズも『女性100人の声から生まれた』と書かれているぐらいなので私たち女性にとっても決め手になると思います。

 icon-bookmark-o 改善して欲しい所
一粒ずつ出るように小穴があればどばっとこぼれずに済みそうなのでその辺の改善があればもっと良さそう。

妊娠初期に必要な栄養素とは?dhaの摂取量の目安!葉酸にも注目


妊活中、妊娠中でも大丈夫。ママの為子供の為のサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】
妊娠中の栄養管理

妊娠中の栄養管理ってこれから生まれてくる赤ちゃんのためにも、すごく大事ですよね。
お母さんのお腹にいるときから栄養は赤ちゃんに伝わっていて、その後の発育にも大きな影響があるんです。
よく、妊婦さんはDHAを摂ったほうが良いと聞きますが、具体的にはどんな効果があるか知っていますか?

そこで今回は妊婦さんがDHAを摂ったほうが良い理由と、1日の摂取量の目安について解説していきたいと思います。

妊婦さんがDHAを摂ると、どんないいことがあるの?


なぜDHAが良いのか?
DHAは青魚に多く含まれていて、頭を良くする、コレステロールを下げるなどの効果があることは有名ですよね。
まずは、妊婦さんがDHAを摂ることによるメリットをご紹介します。
DHAを摂ることによるメリット

注1:効果は環境や人によって個人差があり確定的なものではありません

赤ちゃんの脳の発育が良くなる注1

お腹にいる時からお母さんがDHAを摂っていると、その子供の知能指数いわゆるIQが高くなると言われています。

知能指数とは理解力や記憶力、推理力、判断力などのことです。
逆に、この摂取量が少ないと子供の学習能力が下がってしまうといいます。
妊娠中のDHA摂取量の多い、少ないで、一生の知能指数が決まってしまうなんて驚きですよね。
ちょっと食生活を気をつけるだけなので、これを読んでいる妊娠中の人はぜひ試してみてほしいです。

早産などのリスクを下げる効果注1
アメリカで、DHAを積極的に摂ったグループとそうでないグループに分けて、その後の早産になる確率を調べた研究があります。
そこでは、妊娠中にDHAを摂った人は早産のリスクや低体重児が生まれてくる確率が下がることが報告されています。
あまりにも早産の場合、赤ちゃんに障害が残ってしまうなどの大きな問題があります。
この研究報告から、いかにDHAの摂取が大事かということがわかりますね。

悪玉コレステロールを下げてくれる注1
DHAは悪玉コレステロールの数値を下げる効果もあります。
コレステロールには悪玉コレステロールと善玉コレステロールの2種類のコレステロールがあり、このうち、わたしたちの身体に悪影響を及ぼすのは悪玉コレステロールのほうです。
この悪玉コレステロールが増えると動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞、また狭心症など恐ろしい病気の原因となるのです。
DHAは悪玉コレステロールを下げてくれて、血液をサラサラに保ってくれるはたらきをします。

妊娠中の人は特に、高脂血症になりやすいため、DHAは積極的に摂ることが望ましいと言えます。

いつから飲み始めるのがいいの?

実は飲み始める時期がとても重要です。
胎児の脳は妊娠の初期に作られるため、妊娠に気づいたらすぐに飲み始めるのが理想的でしょう。

また、母乳を通してもDHAは赤ちゃんに運ばれています。
そのため、妊娠中だけでなく、授乳中の間も取り続けることが大事です。

1日にどれくらい摂ればいいの?


では一体、1日にどれくらいの量のDHAを摂ったら良いのでしょうか?
厚生労働省の公表している妊婦さんの1日の目安量は1.8gとされています。

なるべく欠かさず摂取したいものですが、ここで問題があります。
DHAを摂ろうと思って魚を食べると、魚に含まれている水銀も一緒に摂ってしまうことになるのです。

含まれている水銀は微量ながらも、赤ちゃんの発育に悪影響を及ぼす可能性があります。
したがって、DHAを摂ろうと思ったら魚をそのまま食べるよりも、水銀の心配のないサプリメントなどから摂るほうが望ましいです。

まとめ

DHAは、子供の知能にまで関わってくるなど妊娠中の人には欠かせない大事な栄養素です。
妊娠中でも飲むことができる、いろんな種類のDHAサプリメントが販売されています。
魚のたくさん食べることには問題が残るため、サプリメントなどから効率良く摂取したいものです。
これを読んでいる妊娠中の人はぜひ参考にしてみてくださいね。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

妊娠中・妊婦の悪い栄養バランスを食事やサプリメントで整えるには



妊婦はいつもより多くの栄養が必要
妊婦になると、胎児の成長のために、いつもより多くの栄養が必要になります。代表的な成分に葉酸、鉄、カルシウムなどがあり、これらの成分は食事から十分な量を取るのは困難とされています。
十分に栄養をとれないでいると、胎児の成長に影響があるだけでなく、障害が発生するおそれもあります。しかし、つわりなどで満足のいく食事バランスにできない人も多いものです。
そのため、妊婦は上手にサプリメントを活用しても栄養バランスを整える必要があります。
妊婦の栄養バランス

妊婦がとるべき栄養素

妊婦がサプリメントで特にとるべき栄養素は葉酸、鉄、カルシウムの三つです。(またはDHA)

 
これらの成分は、妊娠中に特に不足しがちで、不足することにより母体と胎児に重大な影響を及ぼすとされている成分です。

食事から十分な量を摂取するのが難しい成分でもあるため、サプリメントを活用するのがおすすめなのです。

葉酸が必要な理由と摂取のポイント

葉酸ですが、この成分は悪性貧血を防ぎ、細胞の再生に関わる成分です。

細胞の再生に関わることから、胎児の成長に欠かせない成分であり、特に妊娠初期に必要とされています。

葉酸はその名の通り、葉物野菜や果物などによく含まれています。
非妊娠時は、食品由来の摂取量で必要量は満たされているので、わざわざサプリメントで補給する必要はありません。

しかし、妊娠時になると、食品由来の摂取量の倍以上を取る必要があるとされています。この量はとても食事からでは摂取できません。

また、葉酸は非常に弱い成分で、熱や水などの調理の過程で流出しやすいことでも知られています。摂取した量の半分ほどしか体内では活用できないのです。

そのため、妊娠中は人工的に合成されて、利用率が高い形になっている葉酸をサプリメントの形でとることが推奨されているのです。

ただ、一日の上限があるのでその点には注意しましょう。
また、妊娠発覚前の超初期のタイミングが最も必要なので、妊娠を計画している段階から摂取するのが望ましいです。

ですが、妊娠が発覚したタイミングで摂取しても遅くないので、妊娠中は継続してサプリメントを利用するとよいでしょう。

鉄とカルシウムは非妊娠時でも不足しがち

は血液の元となる成分で、胎児の成長とともに血液量が増大する妊娠中は非常に必要性が高くなる成分です。

非妊娠時でも、日本人女性の鉄摂取量は低く、数値に現れない隠れ貧血の人も多いといわれています。

妊娠中は非妊娠時の倍以上鉄が必要になります。
鉄は赤身の肉やレバーなどに多く含まれていますが、妊娠中は体重増加やつわりとのかねあいもあり十分な量をとるのは難しいものです。

また、レバーにはビタミンAが多く含まれており、ビタミンAの取りすぎになるおそれもあります。

鉄にも上限摂取量がありますが、サプリメントの使用方法を守っていればまず大丈夫です。

カルシウムはよく知られているように、骨や歯の形成に必要な成分です。

妊娠中に特に量を増やすべきというわけではないのですが、非妊娠時でも日本人は不足気味なので積極的に摂取するのが望ましい成分です。

妊娠時は母体より胎児の成長が優先されるので、カルシウムが不足していると母体の骨や歯からカルシウムを補給することになります。
そうなると母体には大きなダメージとなり、老後の骨粗鬆症などにもつながりかねません。

注意すべきポイント

サプリメントは過剰摂取も起こりやすいので、上限摂取量を知って、それを超えないようにしなければなりません。
 

妊活・妊婦に必要な人気栄養サプリ

【Lara Republic(ララリパブリック)】

【I─ne】ララリパブリック

icon-chevron-circle-right 楽天市場で1位を獲得しママ達に話題沸騰 国産野菜のやさしい葉酸サプリ 不要な添加物(光沢剤など)は使用せず、 厚生労働省が推奨する モノグルタミン酸型葉酸を配合

オールインワン妊活サプリ【makana(マカナ)】

【ニューアクション】マカナ

icon-chevron-circle-right “妊活専門の管理栄養士”が妊活に必要な栄養素を絶妙なバランスで配合した、これまでにない、オールインワン妊活サプリ。考えうる全ての妊活に必要な栄養素を妊活専門の管理栄養士が絶妙なバランスで配合。」

 

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める