葉酸サプリとは?効果的な飲み方や口コミの実際


ca04a31470f09905126307f610ce3cea_s

icon-magic 本当に安心できる「やさしさ」にこだわりました!女性100人の声から生まれた葉酸サプリ
葉酸」とは何かご存知ですか?

こう聞かれると日本人女性のほとんどが「知っている」と答えるそうです。
実は私もそのひとり。
でも「葉酸は何に良いのですか?」「どうやって摂るものなのですか?」と具体的に聞かれると、「なんとなく肌に良さそうですが、う~ん、実はよく知りません!」ということに。

女性の皆さんが知っているはずの葉酸ですが、調査によると日本で実際に葉酸を飲んでいる女性は18%だけ。
65%は特にこれから飲もうとも考えていないようです。

でも実は、葉酸は女性にとってとても大切な栄養素。
特に妊娠に関連しては「葉酸のこと知らなかった」といって後悔しないように、これから一緒に見てゆきましょう。

葉酸は何に良いの?

まず、妊娠中の女性にとって、葉酸は胎児の発育に欠かせない重要な栄養素です。
これが不足すると胎児の神経管閉鎖障害などといった大問題につながってしまうことに。
妊娠中のみではなく、妊娠3カ月ぐらい前から出産後1カ月ぐらいまでは毎日400μg摂取する必要があります。
アメリカでは「夫婦そろって摂るのが良い」とまで言われているのが葉酸です。

次に、妊婦ではない女性にとって葉酸はどんな効果があるのでしょう。
葉酸は赤血球の合成などに関与しますので、貧血や疲れのある人にとっての強い味方。

ビタミンB12と一緒に摂ることで効果が発揮されます。
そして健康な血液が作られればコラーゲン線維や周辺の細胞の活性化につながり、結果としてお肌が明るく、プルプルに。
こういうからくりだったのですね。

葉酸はどうやって摂るの?

もちろん食事で葉酸を摂取することは可能です。
でも実はこれは、とても「効率の悪い」摂り方。
葉酸はほうれん草やブロッコリーに多く含まれますが、水に溶ける上、熱に弱いので、洗ったり調理することでかなり逃してしまいます。

また、せっかく体内に入っても体内酵素によって吸収できる型に変えられるのは一部だけ。
結果として吸収率が50%と、かなり低くなります。

では、効率よく葉酸を摂取するにはどうすればよいのでしょう。
答えは、「既に体内吸収できる型になっている葉酸を摂る」こと。

このモノグルタミン酸型葉酸のサプリが、AFCなどの「葉酸サプリ」として販売されているものです。
これなら100%吸収できるので、摂取量の管理がしやすいですよね。
「葉酸サプリとは?効果的な飲み方や口コミの実際」の続きを読む…

カイテキオリゴの効果は何日目から?飲み方は?赤ちゃんに飲ませてもいい?


icon-magic 『カイテキオリゴ』
便秘に悩んでいるけれど、便秘薬には頼りたくないという人は、カイテキオリゴを試してみてはいかがでしょうか。カイテキオリゴは、純度ほぼ100%のオリゴ糖で出来ています。そのため、妊婦さんや赤ちゃんでも飲める安心安全な食品です。

カイテキオリゴって便秘薬?

カイテキオリゴが便秘解消に効果抜群という話を聞いたことのある人は、多いのではないでしょうか。そのため、便秘薬の一種だと勘違いしておられる方も多いかもしれませんが、カイテキオリゴは薬ではなくて健康食品の部類です。

カイテキオリゴを取り扱っている会社は、もともとは北海道グルメを販売している業者です。ある取引先から北海道のてん菜から天然抽出したオリゴ糖の原料サンプルをもらいスタッフが試してみたところ、便秘が解消されたのがきっかけで商品化されたのだといいます。

便秘ならヨーグルトでもいいんじゃないの?

体の中には善玉菌と言われるビフィズス菌が30種類以上存在しています。善玉菌の大好物が、ヨーグルトにも含まれているオリゴ糖です。ヨーグルトが便秘解消に効果的と言われているのは、このような理由からです。

しかし、体内のビフィズス菌には、オリゴ糖の好き嫌いがあるので、ヨーグルトを食べたところですべてのビフィズス菌が元気に働いてくれるわけではありません。ヨーグルトを食べても効果が分からないという場合は、そのヨーグルトのオリゴ糖が、あなたの体内に存在する善玉菌の好物ではないからです。

カイテキオリゴは、善玉菌の好き嫌いにこたえられるように、色々なオリゴ糖が含まれています。色々なオリゴ糖を組み合わせているメリットは、体内のビフィズス菌をまんべんなく元気に活性化させること。便秘解消という点にだけ着目すれば、ヨーグルトを食べるよりもカイテキオリゴの方がおすすめです。

ただし、ヨーグルトは乳製品なので、たんぱく質補給になるというメリットもあります。組み合わせて食べるなどして、双方のいい効果を組み合わせるとよさそうですね。

カイテキオリゴの飲み方は?

カイテキオリゴは1日5g前後を目安に飲むことがすすめられています。5gは、スプーン1杯程度の量です。便秘薬のようにまずいものではなく、ほぼ純粋なオリゴ糖100%なのでほんのりと甘みを感じます。砂糖の1/4程度の甘さです。そのため、忙しい方や手軽に摂取したい人は、そのまま口に入れて飲んでもOK。

実際に愛用している方は、飲物に入れていることが多いです。ほんのりとした甘さで飲物の味を邪魔しないので、珈琲やミルクティ、紅茶とも相性がいいです。

妊婦さんやダイエット中の方など、普段からカロリーを気にしている方は、間食をヨーグルトに変えてカイテキオリゴを入れて食べるのもおすすめ。精製された白砂糖をヨーグルトに加えると血糖値を急激にあげてしまうのでおすすめできませんが、カイテキオリゴならそのような心配もありません。またヨーグルトには整腸効果もあるので、一緒に摂取することでより腸内環境を整える効果が期待できますよ。

カイテキオリゴは、飲んで何日目から効果が出る?

効果の出方は、体質や便秘の度合いなど腸内環境によっても個人差がありますが、3日~1週間程度で実感する人が多いようです。中には、30分程度で腸が動くのを感じたという人もいます。薬ではないので個人差は大きいですが、便秘薬を飲んだ後の強烈な腹痛がないので、外出時にも安心して飲むことが出来るのは嬉しいですね。

赤ちゃんが便秘気味なんだけど

大人でさえ便秘薬を飲むとお腹が痛くなったり、効果が強すぎて下痢気味になったりすることがあるので、市販の便秘薬は赤ちゃんへの使用は控えるように書かれているものも多いですね。それは、体の小さい赤ちゃんにとっては少しの刺激が大きなダメージになってしまうからです。

でも、赤ちゃんが便秘気味で辛そうにしていると、心配ですね。カイテキオリゴなら、赤ちゃんにも飲ませることが出来ますよ。カイテキオリゴは、便秘薬ではなく、北海道産のてん菜(サトウダイコン)や牛乳や樹木が原料で、純度ほぼ100%のオリゴ糖食品。便秘薬のように腸を刺激するのではなくて、腸内の環境を整えることで便が出るサポートをする効果が期待できますよ。便秘薬のように飲んで数時間後に絶対出る、という保証はないものの、赤ちゃんの体に負担をかけることなく自然なお通じを促してあげられるという安心感がありますね。