妊娠中の栄養管理はいつから始める?DHAサプリメントの特徴とは



妊娠中の栄養管理
妊娠は生理の予定日が何日か過ぎて気づくものですね。
医療機関を受診して確認された時には、初期であっても二か月と診断されることが殆どです。
妊娠を知った時には、お母さんのお腹の中で既に胎児の神経細胞や臓器は活発に発達し、形成されています。
胎児は胎盤を通して母親から栄養を摂取しているため、妊娠中の栄養管理はとても大切だと言えます。
妊娠中のママに必要な栄養素

栄養管理はいつから

妊娠初期からに必要な栄養と言えば葉酸、鉄分、カルシウムなどありますが、他に赤ちゃんの脳神経細胞の数を増やす役割や脳を正常に機能させるために欠かす事のできない栄養としてDHAがあります。

では、胎児の脳の形成に重要なDHAについて考えてみましょう。

DHAとは


私たちが健康を維持するには、タンパク質、脂質、炭水化物の三大栄養素が必要になります。
その中の脂質に当てはまるものがDHAです。

DHAは脂質と言ってもラードや牛脂などといった、摂りすぎると肥満の原因になってしまう飽和脂肪酸(動物性)と違って、体の中に入っても固まらず、コレステロールを調整する、血液をサラサラにするなどといった働きをする不飽和脂肪酸(植物性)に分類され、主に青魚に多く含まれています。

DHAの摂取方法

DHAを摂取するための方法として、次の二つが考えられます。

DHAを多く含んでいる魚を食べる

魚には良質なタンパク質や脂質、カルシウムなど、妊婦には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

中でもマグロやブリなどといったDHAを多く含んでいる魚を日常の食事で積極的にとることで摂取することができます。

この時に注意したい点は調理方法です。DHAを最も効率よくとるには、刺身で食べることをお勧めします。

何故かといえば、煮る、揚げるといった調理方法では煮汁や揚げ油にDHAが殆ど溶け出してしまい、身を食べてもDHAを摂取できないからです。

また、魚には自然界の食物連鎖によって水銀が取り込まれている可能性があります。
この水銀は一般的に大人の体内では自然に排出されるため、人体に悪影響を与える危険性はないと考えられています。

しかし、胎児の場合、神経系の発育に必要なアミノ酸の一種であるシステインと水銀が結合して吸収されることで、体内に蓄積される恐れがあります。

こうして蓄積された水銀が胎児に与える影響は、水俣病のような神経系の病気を発症するリスクを高めることです。
そのためにも、魚のみでDHAを摂取することは避けた方が良いでしょう。

栄養サプリメントを利用

妊娠中・授乳中におすすめのDHAサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

【はぐくみプラス】ハグラビ

icon-chevron-circle-right・高品質な亜麻仁油とクリルオイルを配合・DHAエキスをたっぷりの300mg配合(3粒あたり)妊活中、妊娠中も飲める

 
妊娠中の栄養管理として、上記のような栄養サプリメントを利用して必要な栄養を補給することをお勧めします。

サプリメントなら、悪阻などで思うように食事がとれない時も手軽に栄養をとることができますし、食事だけでは補えない栄養分も簡単に補給することができます。

また、サプリメントのメリットとして魚に含まれる水銀をとることなく、胎児の細胞の育成に必要なDHAを摂取することができるため、より安全に栄養管理を行うことができます。

以上のように、胎児の発育に必要な栄養素の一つであるDHAは、栄養サプリメントを使用することで、より安全で手軽に摂ることができます。

また、妊娠中のみに関わらず、出産後の授乳期に関しても母親の栄養管理は赤ちゃんの健康に大きく影響を与えます。
そのため、栄養サプリメントを継続して使用し、栄養バランスを保つことが大切です。

最後に、栄養サプリメントを使用するための注意点として、高血圧や脂質異常症などで医師から降圧剤を処方されている人は血圧が下がり過ぎてしまい、

倦怠感やめまい、失神などといった症状を引き起こす可能性があるため、まずは医師に相談した上で飲むようにしましょう。

また、DHAは脂肪酸なので人によっては消化機能に負担がかかってしまい、下痢や吐き気、胃もたれなどといった症状が出る場合もあるので、できるだけ空腹時を避けて食後に飲むようにすると良いでしょう。
 

妊活中、妊娠中でも大丈夫。ママの為子供の為のサプリメント

【ハグラビ(Hug Lavie)】

 

 

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 妊娠中の栄養管理はいつから始める?DHAサプリメントの特徴とは